不動産賃貸・管理・売買仲介ならワークフルハウス

コラム

14年の新設住宅着工、5年ぶりの減少に/国交省調査

2015年02月23日

ワクワクたくさん不動産、Work Full Houseの丸山です。
今日は、比較的暖かいですね。

弊店の入っている大家さんともお会いして
そんな話をしたところでした。

さて、今日の不動産業界最新ニュースはこちら。

【14年の新設住宅着工、5年ぶりの減少に/国交省調査】
http://www.re-port.net/news.php?ReportNumber=41509

興味深いのが、リーマンショックが起きたのが2009年。
その後、5年間は新設住宅着工戸数は増加していたのですね。

リーマンショックで大きく着工戸数が減り
5年で一服といった所でしょうか。

2014年の着工戸数が減った理由は
2013年の増税前の駆け込み需要で2014年の着工戸数を
先食いしたという事なんだと思います。

新築志向の強いと言われる日本の住宅市場は今
「中古住宅の再活用」の分野が注目されています。

住まいは、人生の多くの時間を費やす場所です。

ハウスメーカー各社は、今後、どうしても画一的なコンセプトデザインになりがちな「多区画の建売り」=均一性と大衆化。ではなく、お客様一人一人のこだわりに合わせたコンセプトや独特のデザインによる「カスタマイズ」=多様性と細分化。
といった、時代の流れに合わせた経営が求められるのだと思います。

多様性と細分化。はまさに、ITの普及により生まれたニーズだと言えます。現代は、ITの普及により、消費者の情報の仕入れ方に革命が起きています。1日1日と、確実に、劇的に、変化しているのです。


大好評メルマガ(不定期)
【1日も早く、1円でも高く物件を埋める(売却する)方法】の
登録は、こちらから。
→http://wf-house.com/magazine

※今なら、メルマガ登録の方に、もれなく
【自動担保評価計算&利息計算ツール】をプレゼントします!
私の物件、気になる物件の適正価格はどのくらい??
金利、返済期間、毎月の返済額をシミュレーションしたい!
そんな時に、是非ご利用下さい。
→http://wf-house.com/magazine