不動産賃貸・管理・売買仲介ならワークフルハウス

コラム

主要都市の地価、上昇基調が継続/国交省調査

2015年02月28日

ワクワクたくさん不動産、Work Full Houseの丸山です。

花粉がひどいです。最近はくしゃみが止まりません。
鼻をとって、洗いたいというやつですね。
皆さんはいかがでしょうか。

さて、本日のピックアップニュースはこちら。
【主要都市の地価、上昇基調が継続/国交省調査
(株式会社不動産流通研究所様webサイトより引用)】
http://www.re-port.net/news.php?ReportNumber=41919

13年第2期から、一貫して上昇基調との事でやはり
オリンピック前に、不動産投資をしたい。といった熱が
あちこちで、地価に反映している様です。

アベノミクスで株価が上がり、いったんの利益確定と
確定した益金の資産圧縮目的での不動産購入。
といった流れが、予想通り本格化してきました。

向こう1〜2年は、日本の、特に首都圏、政令指定都市の
不動産市場は海外機関投資家を中心に、盛況だと思います。

ただ、そこに、3〜4年後日本人個人投資家の方がようやく
追随するタイミングで、海外機関投資家がいっせいに
引き上げて、いったん不動産価格は大幅に下がると
思われます。

それから、オリンピックを迎えて、オリンピック後は…
正直、ちょっと想像したくありませんね。苦笑

そこまでに、売り抜ける目的で購入するなら今年が最後の
チャンスだと思います。

不動産投資は、ボリュームが大きい場合、現物を買うとなると
言わずもがな、多額の投資となりますし
売却のタイミングを間違うと、大きな機会損失となります。

投資物件の購入を検討されている方は、テレアポ営業マンの
イケイケの一方的な営業トークに惑わされる事なく、是非
きちんと業界に精通していて、市場を俯瞰して客観的な意見を
言ってくれる、セカンドオピニオンをつけてから、お目当の
物件の購入、保有物件売却の意思決定をされる事を
おすすめします。

今日はここまで。

大好評メルマガ(不定期)
【1日も早く、1円でも高く物件を埋める(売却する)方法】
の登録は、こちらから。
http://wf-house.com/magazine

※今なら、メルマガ登録の方に、もれなく
【自動担保評価計算&利息計算ツール】をプレゼントします!
私の物件、気になる物件の適正価格はどのくらい??
金利、返済期間、毎月の返済額をシミュレーションしたい!
そんな時に、是非ご利用下さい。
http://wf-house.com/magazine