どんな間取りに住む?世帯構成別「間取り」の種類と「間取り選び」のポイント

ワクワクたくさん、不動産。Work Full House(ワークフルハウス)賃貸チームです。

今日は、「間取り」について。世帯構成別に「どんな間取りがあるか?」を、解説していきます。

まず初めに、「間取り」とは、「どんなお部屋の区切りなのか?」を明示したものです。

そして、「間取り図」とは、「どんな区切りのお部屋の、どこにどんな主要設備が配置されているか?」を見られる図面のことです。

ここでは、「間取り」に絞って解説していきます。

目次

単身者(お1人暮らし)世帯向け

1R

居室1部屋の中に、キッチン、ダイニングが併設されている構造です。

一般的には、脱衣室が無く、お風呂・トイレ・洗面台が併設されたユニットバスのケースが比較的多いです。また、お部屋によっては、浴室がなかったり、洗濯機置場がバルコニーの外にあったり、物干し竿が置けるスペースが無かったりといったパターンもあります。これらが苦手な方は、避けるべきと言えるでしょう。家賃は、他の間取りに比べて最も安いです。

1K

一般に、居室1部屋とキッチンが、扉等で区切られている構造です。

料理をする方で、居室に匂いが回るのが嫌いな方や、生活するスペースと料理するスペースを明確に分けたい方、来客の際、いきなり居室スペースになるのが嫌いな方等は、1Rではなく、こちらの間取りを選ばれる方が賢明です。家賃は、1Rよりは高く、1DKよりは安いケースが多いです。

1DK

一般に、居室1部屋とダイニングキッチンが、扉等で区切られている構造です。

キッチンで料理を作った後、食べるスペースと、寝室兼くつろぐスペースを分けたい方にオススメの間取りです。

家賃は、1R、1Kよりも高くなるケースが多いです。お部屋の広さが広くなるので、仕方ないですね。

1LDK

一般に、居室1部屋と、リビングダイニングキッチン約10帖以上のスペースが、扉等で区切られている構造です。

最近の方は、リビングを欲しがる傾向にあり、現在、全ての間取りの中で一番人気となります。

おひとり暮らしの方はもちろん、DINKS、カップル等が一番に検討される間取りである事から、単身者向けの間取りの中では最も高価格帯で、競争も激しいです。築年数や、平米によっては、2DKより高くなることも。

2人〜3人世帯向け

2DK

一般に、居室2部屋とダイニングキッチンが、それぞれ扉等で区切られている構造です。

昭和後期から、平成前期の時代に多く見られる構造で、居室は全て和室のものから、最近では、もともと和室だったところを洋室にリフォーム、リノベーションしたもの等が多く見受けられます。

2LDK

一般に、居室2部屋と、リビングダイニングキッチン約10帖以上のスペースが、それぞれ扉等で区切られている構造です。

カップルやファミリーに、最も人気のある間取りです。

1Fに玄関があり、居室は2Fにあるメゾネットタイプの木造アパートや、鉄筋コンクリート造の分譲賃貸のマンション、昔ながらの3DKを1部屋潰して2LDKにしたようなリノベーション後のもの、貸家等、建物構造にいろいろとバリュエーションがあるのも、この間取りの特徴です。

3人〜4人世帯向け

3DK

一般に、居室3部屋とダイニングキッチンが、それぞれ扉等で区切られている構造です。

後に解説する3LDKの間取りと比べると、比較的築年数の古いお部屋が多く、比較して家賃が安いケースが多い為、コスパ重視の、お子様が2人ほどいらっしゃるご夫婦にお選び頂く事の多い間取りです。

昭和中期〜後期の団地、マンションに最も見られる間取りで、建設当初は、全て和室だったものを、All洋室にリフォーム・リノベーションしたものが多く見受けられます。

3LDK

一般に、居室3部屋と、リビングダイニングキッチン約10帖以上のスペースが、それぞれ扉等で区切られている構造です。

ファミリーに最も人気の間取りです。

分譲賃貸タイプの高級マンションではよく見られる間取りで、ウォークインクローゼット、システムキッチン、追い焚き、エアコンの他、宅配BOX、駐輪場、駐車場、ジム、会議室が併設されているものなど、比較的設備が充実したものが多い印象ですが、その分、高価格帯のお部屋が多くなります。金額よりも、建物のグレードを重要視する方に選ばれています。

5人以上の世帯向け

4DK以上

一般に、居室4部屋と、ダイニングキッチンスペースが、それぞれ扉等で区切られている構造です。

この規模になると、そのほとんどが「高級分譲賃貸マンション」か、「貸家」となります。

「貸家」の場合、相場が形成され辛い事から、たまに、びっくりするほど低価格で高級な掘り出し物のお部屋が見つかります。

大家族で、戸建タイプのお部屋を希望される方は、希望エリアの複数の不動産会社に問い合わせみると良いでしょう。

お知らせ

弊社では、賃貸の初期費用を、クレジットカードを使わずに後払い(分割払い)に出来るサービスを始めました。

このサービスは

①金額を問わず

②仲介手数料も分割の対象となり

③クレジットカード払い対応不可能なお部屋でも「弊社で仲介可能なお部屋であれば」ご利用可能です。(ご利用にあたっては提携の信販会社での審査が必要です。審査結果によっては、お断りする場合や、金額に制限を設けさせて頂く場合もございますのでご了承ください。)

詳細は、賃貸初期費用後払い(分割払い)サービスの記事をご覧頂くか、公式LINEよりお気軽にお問い合わせください!

ご希望のお部屋が決まっていない方は、以下の事前アンケートにご回答ください。

それでは、また!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる