賃貸の初期費用を抑える3つの方法

ワクワクたくさん、不動産。

Work Full Houseの丸山です。

当社のホームページにアクセスを頂きましてありがとうございます。

今後、お部屋探しのあなたにとって、有益な情報を発信していきますので宜しくお願い致します。

さて、引っ越しをする際に、必ずと言っていいほどかかる費用。それが、「賃貸の初期費用」です。

「賃貸の初期費用」については、通常、家賃の5-6ヶ月分ほどがかかり、引っ越しを考えているあなたには

悩みの種になっている事でしょう。

賃貸の初期費用以外にも、引っ越し業者様へお支払い頂く費用、新居に合わせた家具家電の購入費用等がかかりますので、せめて、賃貸の初期費用は抑えておきたいところ…。と考えている方は多いのではないでしょうか。

従来、賃貸の初期費用を抑えるには、以下の選択肢がありました。

①礼金、敷金のより安い物件を選ぶ。

②仲介手数料のより安い不動産業者を選ぶ。

③クレジットカード払い対応可能な物件(or不動産業者)を選ぶ。

ところが、これらにはそれぞれデメリットがありました。

【「①礼金、敷金のより安い物件を選ぶ。」のデメリット】

礼金、敷金0の物件は、そもそも不人気なお部屋であったり、何らかの重大な欠点を、初期費用を下げる事により、魅力的に見せているケースが多いです。もちろん、あなたにとってベストなお部屋であれば良いのですが、これは、人によってはデメリットになるかもしれませんので、冷静に物件の良し悪しを見て判断しましょう。

【「②仲介手数料のより安い不動産業者を選ぶ。」のデメリット】

不動産仲介を専業としている不動産会社にお部屋探しを頼む場合、その仲介業者の利益は、基本的に仲介手数料のみとなります。お客様の問い合わせを多く獲得する為に、仲介業者の利益を削ってまで対応してくれるのですから、基本的には良心的な不動産仲介業者様が多い事でしょう。しかし、「仲介手数料0円」で対応してくれる不動産仲介業者様ですと基本的に「大家さんから御礼金をもらえる物件しか紹介してくれない。」という事になりますので、あなたにとっては本末転倒です。お部屋探しは、「不動産仲介業者が紹介したいお部屋」ではなく「あなたが決めたいお部屋」を紹介してもらう事が重要です。したがって、「仲介手数料0円」を謳っている不動産仲介業者様とは、慎重にお付き合いする必要があります。

【「③クレジットカード払い対応可能なお部屋(or不動産業者)を選ぶ。」のデメリット】

「初期費用を分割払いしたい。」という時に、真っ先に思い浮かぶのが、お手持ちのクレジットカードでの分割払いではないでしょうか。確かに、お部屋によっては、クレジットカード払いで初期費用を支払えますが、まだまだ数が多いとは言えません。また、お部屋探しを担当する不動産仲介業者様がクレジットカード払いに対応していないと、仲介手数料は分割払い出来ません。更に、通常、クレジットカードで複数回の分割払いをすると金利がかかりますし、リボ払いに至っては、年間で平均15%もの利息を支払わなければならず大変です。50万円の初期費用に対して、元本が減らなければ、年間7.5万円が金利で余計にかかるという事です。。恐ろしいですね。

弊社では、①、②、③の課題を解決するサービスとして、賃貸の初期費用を「無金利分割」にするサービスを2020年5月よりテスト的に始めたところ大変ご好評頂きましたので、2020年12月8日より正式にサービスイン致しました。

このサービスは、①礼金、敷金の額を問わず、②仲介手数料も分割の対象となり、③クレジットカード払い対応不可能なお部屋でも「弊社で仲介可能なお部屋であれば」ご利用可能です。(ご利用にあたり、提携の信販会社での審査が必要です。)

詳細は、「初期費用無金利分割」サービスの記事をご覧頂くか、公式LINEよりお気軽にお問い合わせください。

【LINEで気軽にお部屋探し♪】

lin.ee/ltOwPuTN

お部屋探しのお問い合わせは、こちらからもお気軽にどうぞ!

【お部屋をお探しの方はこちらから(アンケート)】

https://forms.gle/iTpwBmmPY5WjNxnK6

それでは、また!