賃貸キャッシュバックにオススメな2社を比較。キャッシュバックキャンペーンの仕組みから注意点までを徹底解説

ワクワクたくさん、不動産。Work Full House(ワークフルハウス)賃貸チームです。

新生活を始めるにあたり、賃貸で物件を探していると「最大10万円の祝い金」や「5000円のキャッシュバック」などのキャンペーン広告を目にしたことはありませんか。

このキャンペーン広告だけを見てしまうと、「借りるだけで10万円貰えるなら住みたい」と思う方もいると思います。

また、「なぜ賃貸契約を結ぶとお金をもらえるのか」「どの業者のキャッシュバックがお得なのか」など疑問に感じる方もいます。

今回は、そのような疑問を解決しつつ「賃貸の仕組みと注意点」や「キャッシュバックがお得な2社の比較」について詳しく解説していきます。

目次

賃貸キャッシュバックの仕組み

キャッシュバックという単語を聞くと、「別の名目で得した分を回収されているのではないか」という心配がある人もいると思います。

しかし、家賃キャッシュバックというのは「広告費用の一部」から支出されています。

そのため、家賃キャッシュバックは、主に不動産ポータルサイトや不動産会社がキャンペーンとして行なっています。

一部の特定のサイト(DOOR賃貸など)を経由することで、キャッシュバック還元が受けられる仕組みです。

詳しい流れとしては

①キャッシュバックがあるサイトで賃貸を契約

②賃貸サイトに、不動産会社などが「広告料」という名目で資金が流れる

③その「広告料」の一部が、キャッシュバックとして還元される

このようになっています。

そもそもキャッシュバックキャンペーンは、不動産会社やオーナーによる「空き物件を少しでも減らしたい」という理由から行うことが多いです。

空き物件の家賃を下げるというやり方もありますが、家賃というのは不動産運営の貴重な資金となるため、簡単に値下げを行うことができません。

そこで、利用されるのが「賃貸キャッシュバック」なのです。

注意点

賃貸のキャッシュバックの仕組みを知ると「お得しかないな…」と感じるかもしれません。

しかし、キャッシュバックにも注意点が最低でも4つあります。

この注意点を知ることで、キャッシュバックで損することがなくなります。

  • 最大金額をもらうのは難しい
  • 逆に損をする可能性が高い
  • 良い物件になかなか出会えない
  • キャッシュバックの条件は厳しい

最大金額をもらうのは難しい

よく賃貸サイトで見かける「最大10万円の祝い金」や「最大5000円のキャッシュバック」には要注意です。

あくまで表記は「最大」になるので、条件によってはこの金額をもらえることができません。

また、最大金額をもらえる可能性も低いです。

広告としては「引っ越し祝い金がもらえる!」など書かれていますが、蓋を開けてみると10万円のキャッシュバックが貰える物件はほとんど見つかりません。

例えば、とあるサイトで「東京都×祝い金」で高い順に並べても、最高金額の祝い金は1万円しか掲載がありませんでした。

広告にある「最大10万円の祝い金」を目的として物件を探してしまうと、「キャッシュバックが少ない…」「最大金額の物件が見当たらない」という事態に陥ります。

あくまで、キャッシュバックは「空き家を減らす集客」を目的としたキャンペーンであることを理解しておくことが重要です。

逆に損をする可能性が高い

賃貸物件は、物件が同じでも複数の不動産会社経由で紹介を受けることができます。

そのため、申し込みをする不動産会社によってキャッシュバックを受けられる条件が変わっていきます。

また、キャッシュバックで受け取れる金額は「家賃の1ヶ月分程度」になりますが、以下のような条件を利用することで、キャッシュバックを利用するよりも

お得に賃貸物件を借りることができます。

  • 仲介手数料が無料
  • フリーレント

フリーレントとは、「1〜3ヶ月間の家賃を無料にします」というものです。

一般的に賃貸を借りる場合は、不動産会社に家賃の1ヶ月分の仲介手数料を払います。

しかし、この仲介手数料が不動産会社によって「無料」になることがあります。

ネットで「キャッシュバック 〇〇不動産」と探すよりも、家賃を1ヶ月以上浮かせることができる不動産会社を探した方がお得なケースが多いです。

キャッシュバック金額がイメージと相違している場合は、フリーレントで物件を探してみましょう。

良い物件に出会えない

キャッシュバックを行っている賃貸物件は、「交通の便が悪い」「賃料が高い」「騒音が多い」などのデメリット物件が多いです。

キャッシュバックは「空き家を減らす」のが目的なので、キャッシュバックキャンペーンばかりに目がいってしまうと、なかなか物件を決めることができない場合もあります。

キャッシュバックの条件は厳しい

キャッシュバックには、「問い合わせをした物件のみ」が、キャッシュバックキャンペーンの対象になるという条件が多いです。

つまり、問い合わせをしていない物件を選んだ場合はキャッシュバックを受け取れない可能性があるということです。

キャッシュバックキャンペーンを行なっている物件は、部屋の状態が悪かったりすることがあるため、キャッシュバックに縛られてしまうと、理想の家選びができない可能性があります。

以上が、「キャッシュバックの仕組み」と「キャッシュバックの注意点」です。

仕組みやキャッシュバックの落とし穴を知ることで、金銭的にも損することが少なくなります。

そのため、キャッシュバックを利用する場合は

・物件が決まっている

・色々なサイトを比較した結果、キャッシュバックの方がお得な場合

この2点に当てはまる人が対象になります。

これから賃貸物件を探す方は、SUUMOなどの大手サイトで物件を決めてから利用するのがおすすめです。

キャッシュバックがお得な2社を比較(更新日時点の情報です)

キャッシュバックを行なっている不動産サイトは多数ありますが、その中でも「DOOR賃貸」と「スモッカ」がオススメです。

DOOR賃貸

DOOR賃貸は、求人サイトなどを運営している株式会社リブセンスの賃貸サイトです。

DOOR賃貸のメリットは

・比較条件が軽い

・サイトが見やすく、物件が探しやすい

・確実に5000円のキャッシュバックが貰える

この3点がメリットです。

サイトの口コミ自体も悪い評判が少なく、使い勝手がいい賃貸サイトとなります。

お祝い金を貰う条件としては

①賃貸サイト経由で申し込む

②問い合わせから60日以内にお祝い金の申請

③問い合わせた人と契約者が、原則同じであること

この三つの条件を満たすことで、お祝い金をもらうことができます。

また、抽選で1万円が貰えるキャンペーンやインターネット回線などの申し込みによってキャッシュバック金額が増えたりする場合もあります。

注意点としては、PayPay銀行の口座が必要となります。

スモッカ(賃貸EX)

スモッカ(賃貸EX)は、中古車まで幅広いサイトを運営している株式会社じげんの賃貸サイトです。

スモッカのメリットは、最大5万円という高額なキャッシュバックが受け取れます。

ただ、スモッカでキャッシュバックを受け取るには、「かなり面倒な手続き」をしなくてはいけません。

この難関をクリアできた人のみが、スモッカのキャッシュバックを受け取ることができます。

まず、条件として

・問い合わせした部屋のみ
・2,500字の口コミを書く
・問い合わせ当日の成約は対象外
・楽天銀行の口座が必要

このような条件をクリアする必要があります。

また、手続きとして

①4日以内に、PCから問い合わせメールに記載されているURLで事前申請(スマホはNG)

②難関の応募フォームを記入(手順は全部で42項目)

この2点となっています。

スモッカでキャッシュバックを受け取る際は、必ず注意点をよく読んだ上で覚悟を持って申し込む必要があります。

以上が、「キャッシュバックがお得な2社」のご紹介でした。

それぞれメリットとデメリットがあるため、比較しながらキャッシュバックに申し込むのが良いでしょう。

お知らせ

弊社では、賃貸の初期費用を、クレジットカードを使わずに後払い(無金利分割払い)に出来るサービスを始めました。

このサービスは

①金額を問わず

②仲介手数料も分割の対象となり

③クレジットカード払い対応不可能なお部屋でも「弊社で仲介可能なお部屋であれば」ご利用可能です。(ご利用にあたっては提携の信販会社での審査が必要です。審査結果によっては、お断りする場合や、金額に制限を設けさせて頂く場合もございますのでご了承ください。)

詳細は、賃貸初期費用後払い(無金利分割払い)サービスの記事をご覧頂くか、公式LINEよりお気軽にお問い合わせください!

ご希望のお部屋が決まっていない方は、以下の事前アンケートにご回答ください。

それでは、また!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる